クレジットカードの使い方の最近のブログ記事

クレジットカードの情報流出事件が後を絶ちません。数万件にものぼる大規模なクレジットカード情報流出を記憶している人も多いことでしょう。クレジットカードは消費生活を便利にしてくれるツールですが、一歩間違えると事件に巻き込まれかねないリスクをも持つものと言えます。安全にクレジットカードを使うためには、どのような点に注意を払っておく必要があるのでしょうか。

クレジットカード各社は、カードを安心して利用してもらうためのさまざまなサービスを工夫しています。クレジットカードの利用にあたっては、「なりすまし」や偽造カードといった悪質な手口が取りざたされていますが、このような被害に遭わないためには、各クレジットカード会社が行なっているネットサービスを利用するというのも一つの方法でしょう。
クレジットカードの利用で無用のトラブルに巻き込まれないためには、不審な利用履歴をいち早く発見することが大切です。時間が経てば経つほど被害がふくらんでしまう可能性もあるので、最低でも月1回の利用明細はしっかり確認するように習慣づけておきましょう。ネットサービスを利用すれば、このクレジットカードの利用明細をいつでもネット経由で確認することができます。過去にさかのぼって自分のクレジットカードの利用履歴を確かめることもできるので、定期的にチェックしておくと安心でしょう。身に覚えのない請求があった場合は、即座にカード会社と連絡を取ることが大切です。

安心してクレジットカードを使うために、カードそのものに安全対策を施そうという流れも生まれています。クレジットカードやキャッシュカードのICカード化は、セキュリティ対策として効果の高いものです。旧来の磁気ストライプのカードと比較すれば、安全性の高さは歴然と言えるでしょう。
クレジットカードがIC化されると、本人確認の方法は、それまでのサインによる確認から暗証番号による確認へと変化することになります。キャッシュカード同様、クレジットカードの暗証番号も非常に重要なものです。カード犯罪の被害が叫ばれる中、カードの暗証番号を生年月日や住所といった他人にもわかりやすいものに設定している人の割合は、まだ高いという報告もあります。自宅の電話番号や、自家用車のナンバーなども、カバンごとカードを盗まれたような場合には危険が高くなるので、避けた方が賢明でしょう。自分にわかりやすく他人にわかりにくい暗証番号を工夫することも、クレジットカードの安全性を高めるためには大事なのです。

クレジットカードの支払方法には、いったいどんな方法があるのでしょうか?クレジットカードの支払い方法には、一括払いのほか、回数を指定する分割払いやリボルビング払い、ボーナスを利用した支払い方法などがあります。代表的といえるクレジットカードの支払方法を、みていきましょう。

「一括払い」は、クレジットカードの利用代金を会員規約で定められた日に一括で支払います。手元にお金がなくても欲しいものを買うことができ、金利手数料がいらないので、一括払いは、日本で主流の支払い方法となっています。
「2回払い」は、締め日までの利用分を支払い日とその翌月の支払い日の2回に分けて均等分割で支払う方法です。
「分割払い」は、クレジットカードの伝票にサインするときに、支払い回数を指定するもので、分割回数は購入時に申し出をする必要があります。分割払いでは、利用ごとに支払い回数を指定できるというメリットがあります。金利や手数料はクレジットカード会社によって違うため、実質年率には注意をしておく必要があります。
「リボルビング払い」は分割払いの一種で、月々の支払額を自分で設定することができるリボ払いと、利用残高により決められた支払額が変動するリボ払いとがあります。リボ払いでは、クレジットカードを何度利用しても月ごとの支払い額は一定であるため、利用金額が増えるにつれ、支払い回数は増加することになります。
「フレックス払い(あるとき払い)」は、途中まではリボルビング払いと同様の仕組みで、お金に余裕がある時には支払い金額を増やしたり、入金用の端末から臨時に支払いをしたりすることが可能な方法です。常に一定の額を支払うことになるリボルビング払いに対し、フレックス払いは最低支払い額以上ならいくらでも支払えるという違いがあります。
「ボーナス一括払い」は、ボーナス時に一括で支払いをする方法で、クレジットカードにより支払い付きは多少違っています。夏は6月から8月、冬は12月から1月が一般的でしょう。ボーナス一括払いでは、一括払いと同じように金利手数料がかからないことが多くなっています。

このように、クレジットカードの利用分に関しては、いろいろな支払い方法を選ぶことができます。一人一人のライフスタイルに適した支払い方法をとるのが一番ですが、クレジットカードの支払いには金利のかかる支払い方法と、金利のかからない支払い方法のふたつがあるという点は、しっかりと覚えておきたいものです。

世の中にはさまざまなクレジットカードがあり、それぞれに特徴や利点、お得なポイントなどがあるものです。クレジットカード選びの基準は、「何を一番大切に考えるか」という点によって、一人一人違ってくるものです。クレジットカードの使い方やクレジットカードに対する考え方は人それぞれであるため、全ての人に対してお得なカードというものを考えるのは難しいことですが、選び方のポイントをしっかり抑えておけば、クレジットカード選びで大きく失敗することはないはずです。では、自分にとってお得なクレジットカードを選ぶためのポイントとは、どのようなものなのでしょうか。

まずはじめに注目しておきたいのが、クレジットカード会社が提供するサービスです。各カード会社が行なっているサービスは多様化しており、独自の路線を打ち出しているクレジットカードなどもあります。ショッピングの保険や海外旅行の保険が重要なのか、サービスデスクの使いやすさが重要なのか、あるいはステータスが重要なのか・・といった点を、自分自身のライフスタイルやクレジットカードの使い方に合わせてよく考えてみることが大切です。
メインで利用するクレジットカードの枚数は、安全面などを考えると少なめにしておきたいところですが、1枚きりで全ての希望を叶えるのは難しいこともあるでしょう。そのような場合は、利用するシーンごとにベストの1枚を厳選し、メインのカードの他に少数のサブのクレジットカードを用意するというような方法があります。

また、クレジットカードを利用することは、自分の信用を積み上げていくことにもつながるものです。一時的な入会特典や年会費の安さなどで選ぶよりも、長く付き合い続けることができるクレジットカード会社を選択するのも重要です。同じクレジットカードを長く使用し続けていれば、カード会社の顧客としての信用は年々増していきます。カード会社にとっての「優良顧客」となることができれば、何かとお得な場面も増えることが期待できます。使い続けていくうちに、一般カードからゴールドカード、そしてさらに上のランクへとステップアップしていくことができるクレジットカードを選ぶのも良いでしょう。
ただし、どれほどステータスのあるカードでも、使える場面が少なければ「お得」とはいえないものです。自分の普段の生活の中で本当に使えるカードであるかどうか、申し込みをする前によく確認しておきましょう。

クレジットカードを街中で使用した場合には、必ずレジにてレシートを渡されることと思います。このレシートを有効活用している人は、どのくらいいるでしょうか?何気なく捨ててしまったり、うっかりなくしてしまったりすることが多いかもしれません。でも、家計のムダをなくすためには、このレシートはとても便利に使えるすぐれものなのです。

まずは、クレジットカードを使った際のレシートは大切に保存しておいて、月に1回送られてくる利用明細書と照らし合わせる習慣を付けてみましょう。メインに使用しているクレジットカードであれば、月に1度の利用明細書は、1か月間の支出の記録と考えることができます。わざわざ家計簿をつけなくても、クレジットカードの利用明細書を見れば、支出の偏りや無駄遣いをチェックすることができるはずです。
クレジットカードを使用するたびに渡されるレシートを利用明細書と照らし合わせみれば、身に覚えのないクレジットカードの利用履歴をすぐに発見することもできます。カードを使った悪質な犯罪に巻き込まれないためには、不審な項目をすぐに発見することが大切ですから、家計のムダをチェックしつつ、セキュリティ対策もしっかりしてしまいましょう。利用明細書には記載されているのに、使った覚えもなければレシートの控えもないというような場合は、すみやかにクレジットカード会社に連絡をして調べてもらう必要があります。
クレジットカードのレシートと利用明細書を照らし合わせる作業は、海外旅行でカードを使った際などには慎重に行う人も多いかと思いますが、日常的な利用においてはなかなかそこまで手が回らない・・という人も多いのではないでしょうか?でも、家計のムダをなくすためには、自分の支出をしっかりと把握しておくことが大切です。クレジットカードを利用したらレシートを確認し、利用明細書が届いたらレシートと突き合わせるというような作業を習慣にしておけば、自分の支出傾向がわかり、無駄遣いを反省する機会も作ることができて、金銭感覚がシビアになるはずです。

ただし、何枚ものクレジットカードを何となく使ってしまっていると、チェック作業が大変になるので注意しましょう。メインとするクレジットカードはできれば1枚に絞って利用を集中させ、そのカードの利用明細書を自分の家計簿代わりに使うのが、手間をかけずに家計のムダをなくして節約生活を楽しむコツということができます。

クレジットカードには、いろいろな付帯サービスが用意されています。ポイントをためて好きな商品や金券と交換できるクレジットカードや、海外旅行の保険がつくクレジットカードなど、サービスのないようなさまざまです。このようなクレジットカードのサービスを賢く利用すれば、面倒な手間をかけずにお得なカードライフを楽しむことができるのです。

そんなお得なクレジットカードの中でも最近特に注目されているのが、航空会社によるクレジットカードです。JALやANAなどの国内の航空会社から、ノースウエストやユナイテッドといった海外の航空会社まで、さまざまな会社がバラエティ豊かなクレジットカードの発行を行なっています。
クレジットカードの利用でマイレージをためていけば、無料航空券を手に入れることができます。航空会社が発行するクレジットカードであれば換算率がお得なことも多く、比較的用意に無料航空券を手にすることも可能なのです。

航空会社が発行するクレジットカードの利点として、クレジットカードを使ったショッピングだけでなく、飛行機を利用したマイレージも合算することができるという点を挙げることができるでしょう。普通のクレジットカードでも利用ポイントはつきますが、ポイントプログラムの対象となるのは、実際にクレジットカードを利用したそのままの金額だけです。
また、無期限のポイントプログラムを実施しているクレジットカード会社もありますが、ゆっくりためることができるという点においては、マイレージプログラムのほうが有利な場合が多いでしょう。マイレージプログラムに参加すると、搭乗した距離に応じたマイルがたまり、無料航空券と交換したり、飛行機の座席をアップグレードしたりすることが可能になるのです。
マイレージをしっかりためて無料航空券を手に入れるには、いろいろな支出をムダなくマイレージ獲得に当てることが大切です。その点、クレジットカードの利用は便利と言えるでしょう。旅行先でも、航空券の購入や滞在費、食事代、おみやげの購入といった支出に対してマイレージをためることができます。提携関係にあるホテルやレンタカー会社を利用した場合にはボーナスマイルが付くこともあるので、要チェックです。

日常生活の中でも、クレジットカードでマイレージを獲得することができます。ショッピング以外にも、光熱費や通信費といった月々の固定費用をクレジットカードで払うだけでマイレージをためていくことができます。小さな積み重ねで、先々の大きな楽しみを手に入れてみてはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち クレジットカードの使い方カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクレジットカードのポイントです。

次のカテゴリはクレジットカードの種類です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。