is: 2008年1月アーカイブ

お砂糖などを入れなくても甜茶がどうして甘いかというと、それは甜茶の成分として含まれている「ルブソシド」によるものなのです。天然成分からなる甘みの「ルブソシド」は、ほとんどゼロカロリーで、取り過ぎてはいけないカフェインさえ含まれていません。

その「ルブシド」の甘さは実に砂糖の75倍~100倍もあり、それなのにカロリーは体内に吸収されにくくなっていて、ダイエットには最適とされる理由もここにあるわけなんですね。こんな「フブシド」の甘味成分にはのどの炎症を抑る働きもあり、それによってのどの痛みも緩和することもできるのです。

ですから甜茶を飲むことは、冷暖房などでの乾燥による、のどの渇きを防いでくれますし、体を冷やさなければ風邪の予防にもなります。そしてさらに嬉しいことに、「ルブソシド」には虫歯を予防することができるという優れた働きがあるのです。口腔内には虫歯ができるもとになる細菌「ミュータス菌」がはびこりやすいのですが、「フブシド」はその増殖を防ぐ力を持っていて、虫歯を防ぐのです。

強い甘さは虫歯につながるように思えますが、必ずしもそうではなく、逆に虫歯を予防してくれる「ルブソシド」の働きは、ほんとにすばらしいものだと言うことができますね。甜茶の甘味は安全な甘味ですから、虫歯を気にすることなく飲めるというわけです。

そして甜茶は、甘ければ甘いほど、甜茶ポリフェノールが多く含まれているといいます。この甜茶ポリフェノールはアレルギーにもいいと言われ、アレルギーに悩む人には正にスーパーパワーの甘さなのです。甜茶の甘さにはこんな秘密も隠されていたのです。

お茶の中でも体に良いとされる甜茶にはどのような成分が入っているのでしょうか。甜茶には、甜茶ポリフェノール、ルブソシド、各種アミノ酸、カリウム、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルなど、たくさんの成分が含まれているのです。

その代表成分甜茶ポリフェノールは、アレルギーに有効な成分です。花粉症などのアレルギーは辛いものですが、このアレルギーを抑えるヒスタミン分泌抑制作用・炎症を抑える作用があるのです。甜茶は、解熱や咳止め効果もあるので、風邪の諸症状を抑えるために、古くから飲まれてきました。甜茶は中高年の方にも人気があります。

中高年に多いとされている生活習慣病予防のために愛飲している人、糖尿病予防に効果が高いという理由で愛飲している人と様々な年代に浸透しています。ダイエットをするならば、甘いケーキやチョコレートは大敵となります。

でもこれをガマンすることはとても辛いですよね。そんな時に活躍してくれるのが甜茶なのです。ほんのりとした、自然の甘みがあるのですが、超低カロリーです。ほどよくのどを潤してくれます。それから、何と!カフェインが含まれていませんから、

お子様からご年配の方まで安心して飲むことができます。寝る前に飲んでも睡眠に影響がありません。甜茶は胃腸に優しく働きかけて、消化のお手伝いもしますし、体を温めてくれます。一般に市販されている抗アレルギー剤などは、時々副作用がみられますが、甜茶には副作用がありません。まさに自然の恵みですね。

健康食品の宣伝などで耳にするようになったヒアルロン酸とは、1934年、アメリカで発見されたものです。ヒアルロン酸という呼び方は、健康食品や化粧品として使われる場合に使われる名前ですが、正式な国際命名法によると、ヒアルロナンという名前で呼ばれているのです。

このヒアルロン酸は、軟骨の機能を維持する上で大変重要な役を担う成分を持っているため、関節炎や目の病気を治す薬としても使われて、また肌や関節の健康を守る点では定番成分といわれています。ヒアルロン酸は体内の水分の多い組織、関節液や目の中にあるガラス体、皮膚、腎臓、脳など体内の様々な部分に含まれており、高い保湿力と粘性を持っています。

水に溶かされることでねばねばした物質になるのですが、抽出されたときには白色の粉末状です。そんな状態でも、手などに付いた場合はべたべたにはならないという性質があります。そのせいか、ヒアルロン酸のドリンクもトロリとしたものが多いようです。

ヒアルロン酸は、天然型の高分子ヒアルロン酸と、もうひとつ人工的に精製される低分子ヒアルロン酸とに分かれます。天然のヒアルロン酸はたとえばにわとりのとさかなどから抽出されており、人工のヒアルロン酸は乳酸菌や連鎖球菌から作られ、ヒアルロン酸ドリンクなどになります。ヒアルロン酸については、これまでまだあまり知られていない部分がありましたが、体内の保湿を助ける働きは確かにあり、歳を重ねるごとにこのヒアルロン酸が少なくなっていくと、それは老化現象といわれる症状をもたらすことになるのです。

まだ科学的に証明されてはいませんが、ヒアルロン酸ドリンクを飲むことで老化などが抑制されたら、それは素晴らしいことで、ヒアルロン酸ドリンクが手放せなくなるかもしれません。

フラコラ500がよく売れる理由は、そのパッケージのよさもさることながら、やはりその飲み心地のよさにあるでしょう。

ジュースのように簡単に飲めるコラーゲンなのです。
グレープフルーツ味でにおいなどもないため、気軽においしくのむことができます。
そしてもうひとつ、フラコラ500が人気のある理由は、その効果が比較的早いという点です。
低分子コラーゲンであるという点が、吸収を高め、すぐに肌へと効いてくるのです。
フラコラ500を飲んだ人の評価が高く、口コミなどで広がっていることも、人気が出る秘密ですね。もうひとつフラコラ500が人気のあるわけは、その豊富な栄養成分にあるのです。うれしい点は、肌によい影響を与える成分がバランスよく含まれているために、相乗効果を期待できるところです。ひとつではじめに期待した効果のほかに得るものがあれば、それはうれしいことに違いありません。ビタミンCはコラーゲンを保持し、働きを促進するのに欠かせず、大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似た成分で、コラーゲンやヒアルロン酸の合成に関係する働きをしています。
ヒアルロン酸は水分の維持、保湿作用があり、ビタミンB2は細胞の再生などに効果を現し、こんなにも肌に良い成分がたっぷりで、人気の秘密がわかりますよね。

美容と健康にいいという点では、女性だけにではなく、もっともっと幅広く、男性やお年寄り、子どもたちにも飲んでもらいたい飲料ですね。

今大変評判になっているフラボノイドの抗酸化作用は、イチョウ葉エキスに含まれるものです。

活性酸素には、ストレスやウィルスの影響を受けることによって増えすぎてしまう特徴がありますが、本来は体内を守るために作られるものです。
活性酸素が増え過ぎると、細胞破壊が起こり、動脈硬化など生活習慣病を引き起こしてしまいます。
その活性酸素を抑制してくれるのが、フラボノイドなのです。

血管が修復、強化され、弾力性も増し、血液の流れは促進され、血液循環機能は改善される、という風にその様々な症状が治癒されます。また、イチョウ葉エキスの成分には、ビロバライドという脳機能改善作用を持つものがあります。この成分の働きで、集中力や記憶力が向上するわけです。イチョウ葉エキスの中には、ほかにもギンコライドといって、血栓を防止する働きをするものがあります。抗炎症作用という働きもあり、アレルギーの改善の役割もしています。イチョウ葉エキスに含まれているフラボノイドの一種カテキンも、抗酸化作用をする役目を持っています。
これにより血圧の上昇が抑えられ、気とうちや血中コレステロールが調節されるため老化にもブレーキがかかり、さらに抗菌作用が働きます。

こんなさまざまな働きを有したイチョウ葉エキスは、その豊富な成分で常に私たちの体を守ることができるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、 is2008年1月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはis: 2007年12月です。

次のアーカイブはis: 2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。